ちょっとエッチな話


ぼく9さい!男の娘!

ツイッターのbioには書いてありますが、実は20歳の女です ごめんなさい


わたしは某ホモ大学の3年生です
今週末には「ガチホモフェスタ2015」という、いわゆる学祭も行われます

学祭当日はバイトなので当然のごとくわたしは不参加なのですが、前日準備ということでポケサーに顔を出してお手伝いしてきました

その時にキモオタの先輩に魔法をかけて女の子にしてあげたのですが、それは後で別記事に書きます



今朝は、起きてから、着替えて、家を出ました
電車に揺られていると、なんかいつも以上におっぱいが揺れてる感じがしました
一部界隈で私はウォールサイフリートと呼ばれています つまり壁
でも揺れてる気がしました
本当に揺れていました



なんと、ブラを着け忘れていました(この辺がちょっとエッチ)


あたしンチという漫画でみかんちゃんが高校にブラを着け忘れたまま登校してしまう話がありました
その時は友人のシミちゃんが「乳首に絆創膏を貼れ」とアドバイスしていました

でもわたしは初めての失態に驚きすぎて白目を剥いたまま倒れてしまいました(嘘です)

とりあえず塾講のバイトの関係でスーツを着ていたのでスケスケは免れましたが、わたしは人前で生理の話や下着の話をするようなはしたない女が大嫌いなので、かなり萎えました
本当に死にたかった

ウォールサイフリートなのでバレないと分かっていても、やはりめっちゃゆっくり歩いてしまいます(時速3ミリくらい)
気持ち悪い歩き方でファミマへたどり着き、カップ入りキャミソールを買いました
無印良品に感謝
レジでのわたしの眼球は高速回転運動をしていたように思えます かなりキョドッていました

そして何食わぬ顔で大学へ行き、オタクたちと一緒に等身大レックウザのパネルを作成しました 本当はかなり萎えていました


今後このようなことが二度と起こらぬよう、今日の失態をここへ書き記します



平成27年 10月30日
ナタ・サイフリート